« マーラーのアダージェット | トップページ | 頭の悪いタイトルマッチ「亀田大毅」(亀2号) »

2013/11/26

EOS 70D の使用感、その1

「キヤノンEOS 70D」の使用感を記してみる。買ってから2000ショット以内。

●通常のファインダーを覗いてのフォーカスだが、はっきり言って「ちょっとピントが甘くてガッカリ」だった。逆光では全くフォーカスがこなかった。
逆光では7Dも結構来ない事あるけど、フォーカスでは7Dに負けている。
マニュアルでフォーカスポイントを個別に選択するモードでは、まだ上手く癖をつかんでいないので尚一層の経験が必要だっと思う。
キヤノンのサービスで聞いたところ「評判が良いのは動画モードだけなんだよね」って言っていた。
一方でビューファインダーを使ってのフォーカスや動画撮影時のフォーカスは大変見事で、上手く使いこなせば通常のビデオカメラ並みの使い方が出来る。
何しろ「ビューファンダーで動く物にも連続してフォーカスが会うようになった事」は大きい。
 
高画素から来る画質だが7Dクラスよりも上質だが5D2には遥か及ばず、5D2ってトロイけど案外高性能だった事を思わせる。
高感度性能は800〜1600位までは「1/3段分」は7Dよりも向上しており、3200以上の超高感度では「2段近く」向上している。
高感度性能はまだまだサンプルが足りないので、今後も継続使用する。
1DXとの比較だが、俺は持っていないけど知り合いから撮影データをもらって「1DXのJPG感度2500の方が、7DのRAW感度100よりも上質」だったので、「1DXのJPG感度2500と、70DのRAW感度100がほぼ同等」なんじゃないかな? 根拠は無いけど。
手ぶれについて1DXは自重がありバランスが良いので本当にぶれにくい。
軽量な70Dだと、手ぶれは怖いところだ。
 
最近の俺の仕事での70Dはショップ取材やインタビュー取材がメインだったので、RAWモードで感度は400位までしか使っていないし、バッファーが一杯になるほど連続撮影していない。
バッテリの持ちは、7Dよりも向上しているが60Dほど省エネでは無い。
60Dの動画モードでの電池消費の少なさは異常だが、7Dも通常ならバッテリを食わないけど後部のビューファインダーを使うと馬鹿食い。
 
●最近のメインのレンズは「EF-S、15〜85」というレンズで、フルサイズ換算で24〜136ミリのレンズ。
ワイドレンジでの手ぶれ補正が付いている個体はこれだけだと思う。
中野のフジヤカメラで中古購入。
 
まだ70Dの癖のあるフォーカスに振り回されている状況。
20131126

|

« マーラーのアダージェット | トップページ | 頭の悪いタイトルマッチ「亀田大毅」(亀2号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーラーのアダージェット | トップページ | 頭の悪いタイトルマッチ「亀田大毅」(亀2号) »